1.初めに

皆様がスーツを着る機会はいつでしょうか?

ビジネスでの日常を始め、入学式や卒業式、あるいは成人式などの式典。

また、就活や結婚式といったフォーマルな場面など、様々ですよね。

それらのシーンによっては、振袖や袴、パーティードレスやスカートのレディーススーツなど、

「性別=これ」

といった身嗜み慣習が根付いている日本。

その中で、スーツは男女問わず、どんなシーンでも認められる万能アイテムです。

しかしながらそんな機会を前に

LGBTQを自覚する貴方はスーツ選びに困ったことはないでしょうか。

2.スーツに着られている窮屈さ

悩む女の子

自分の身体と心の性別が一致しない中、身体に合わせたスーツだと心に沿わない。

心の性別に合わせると、大きすぎる、もしくは小さすぎる。

描いていた自分像とはかけ離れ、不自然で私らしくない。

それが故にぎこちなく、緊張感さえ招いてしまう。

大事な場面だから、格好良く着こなし堂々と立ち振る舞いたいのに、息苦しくなってしまう。

それは、限られたデザインの中から、そして既製サイズの中から

選ばざるを得ない状況だったからではないでしょうか?

3.貴方を表現するスーツ

性別を限定しないで済むスーツ

 

 

 

「女性の体を持っているけれども、本当は体のラインが出ないようなメンズライクなスーツを選びたい。」

 

「逆に肩幅が大きく強調されるものではなく、女性らしい曲線を作り出したい。」

など、

男性、女性、と自分の性別を限定せずにイメージした自分”にあったものを選びたい。

そんな欲求はまったく不自然なものではありません。

当店にも、「スカートをオーダーしたいです。」と女装家の方からお問合せをいただいたことがありました。

スーツに隠れる女性

スーツは自分を表現するツールの一つでもあります。

だからこそ、

あなたの体型・性別だけでなく、

あなたがなりたい自分像に合わせて、あなたに似合うぴったりなスーツに袖を通してみてはいかがでしょうか。

「大きな胸が目立たないようにストレートなラインを意識したジャケット。でも不自然にならないサイズ感。」

「細身だけど華奢に見せず、メンズライクな格好いいデザインに。」

「目立つのは好きじゃないから生地は落ち着いた、でも好きな色を裏地に使って密かにおしゃれを楽しみたい。」

など、どんなご要望もご相談ください。

あなたの好きなものやお気に入りのもので身を包み、

あなただからこその個性を思うままに発揮してください。

あなたらしく在れる一着に出会えるよう、心を込めてお手伝い致します。
お気軽にご相談・お問合せ下さい。

lgbtqを祝うプライドパレード, イメージ 
筆者がボランティアとして参加した2017年バンクーバープライドパレードにて

オーダースーツM&M
世菜アルトンM.
2021.3.22