こんにちは。

親子で営む、出張採寸オーダースーツ専門店M&M(エムアンドエムの世菜アルトンです(*^^*)

 

今回はトランスジェンダーの方々へ向けて、スーツスペシャリストのM&Mセナが体の性別ではなく心の性別に合わせて装うスーツの工夫を【体型編】【スーツのルール編】【デザイン編】の3つのポイントから紹介します!

スーツで性別を確定付けたいのであれば次にあげる【体型編】【スーツのルール編】【デザイン編】の3つすべてを、~っぽい雰囲気を目指す方は【体型編】と【デザイン編】の2つを実行してみてください。

初めに

スーツとは自分のサイズにあったもの、が基本ですが、左右のゆがみがある人間の体型を肩パットや各部位の丈で補正するのも、他の服では出来ないスーツの役割でもあります。

 

もし貴方が、やむを得ずスーツを着なければいけないがレディーススーツ/メンズスーツは着たくないと悩んでいたり、生まれ持った体では希望しているボディラインが表現できないと悩んでいるのであれば、ぜひこの記事を参考にしてください!

 

1.【体型での工夫】男っぽいとは肩幅が広く直線的/女っぽいとは肩幅が小さく凹凸がある

まずは、男っぽい体型/女性っぽい体型とは何かを考えてみましょう。

様々な定義がありますが、ここでは代表的な“男っぽい体型/女性っぽい体型”へのイメージで話を進めます。

 

代表的なイメージでは

 

『男っぽい:肩幅が広く直線的』

『女っぽい:肩幅が小さく凹凸がある』

 

ですね。

メンズスーツ/レディーススーツの造りも上記の様になっています。

メンズスーツは肩パッドが厚めに入り、レディーススーツは凹凸を出すために縫い合わせるパーツが多くなっています。

 

・・・と、いうことは!

スーツで男っぽく見せたい/女っぽく装いたい貴方もこちらのイメージを目標として整えていけばよいのです!

男っぽく装いたい方は、肩パッドが厚めのもので少し大きめのサイズを選び全身のラインを直線的に。

女っぽく装いたい方は、凹凸を出すために少し自分でインナー下に詰め物を入れ肩先と胸元に丸みを足した上で、肩パットは無しか出来るだけ薄いもので曲線が綺麗なスーツをご着用ください。

 

2.【スーツのルールを使った工夫】実はスーツで性別を区別する1番大きな違いは前合わせ~メンズは右前/レディースは左前~

メンズスーツは右前/レディーススーツは左前

”前合わせ”とはジャケットの脇からお腹にかけての左右のパーツのこと。

右身頃と左身頃を重ね合わせるから『前合わせ』。

『前身頃』とも呼びますね。

自分の体に右身頃をまず合わせ左身頃をその上にかぶせる服は『先に(前に)右を合わせる』ということで『右前』、左身頃をまず合わせる服は『左前』と呼ばれます。

メンズスーツの前合わせは『右前』、レディーススーツの前合わせは『左前』となっています。

流行りによって様々なデザインのスーツが世の中生まれますが、この前身頃の方向は変わりませんでした。

私達スーツ業界でも、メンズスーツ/レディーススーツを見分けるときはデザインではなく、真っ先にこの前合わせの方向を確認しますね。

 

見た目の性別を、男性/女性と確定付けたい方はこの前合せの方向を覚えておいてください。

 

3.【デザインでの工夫】見た目の印象を大きく変えるスーツの工夫

・・・と、ここまでかなりマニアックに、レディーススーツ/メンズス―ツの造りについて書き込みましたが、ここからはデザインでスーツ姿を女性っぽく/男性っぽく見せる工夫です!

 

〜ジャケット〜

メンズスーツとレディーススーツの着丈の比較

①着丈

まずはジャケットの裾の長さ=着丈です。

メンズスーツだと“着丈はお尻が隠れるくらい”と決まりがありますので、男っぽくしたいならこれに従いましょう。

レディーススーツの着丈には特に決まりはありませんがスカート、パンツ両方に合わせるならお尻の頂点の位置が無難とされています。

思いっきり女っぽく見せるなら、お尻の丸み(=凹凸)が2/3ほど見える短め丈がいいでしょう。

②Vゾーンの深さ(前ボタンの数)

次にVゾーンの深さ。

これはほぼ前ボタンの数、と言えるでしょう。

ボタンが増えるごとに胸元のVゾーンは浅く男っぽくなります。

と言っても今メンズスーツで主流の前ボタンの数は2つ。

なので男っぽく着る場合はベストを利用しましょう。

前2つボタン+ベスト着用でゾーンが最大限浅くなります。

対して、女っぽく着る場合は前1つボタンのジャケットだとVゾーンが深くなりgoodです。

スーツの衿の種類

③衿の有無

ジャケットの衿はノッチと呼ばれる衿がついたものが男女共基本です。

ただ、レディーススーツは衿無し(ノーカラー)も大変お洒落です。
カジュアルなメンズジャケットですと、最近衿無しジャケットをテレビや雑誌でも見ることがありますが、まだまだビジネススーツとしてはレディーススーツの独断場ですので女っぽく装う時にはこれを大いに活用しましょう。

〜ボトムス〜

さてボトムス編です。

スーツのスカートとパンツ

①パンツスタイル/スカートスタイル

貴方はパンツ派?それともスカート派でしょうか。
もちろん男っぽく装いたいならばパンツ1択ですね。

腰回りは臀部の丸みが目立たないように適度なゆとりを入れて裾はストレートにストンと落としましょう。

女性っぽく装いたいなら、スカートスタイル/パンツスタイルは迷うところですね。

スカートは女性っぽい装いではありますが、女性っぽい歩き方を心掛けないと人から違和感を感じられてしまいます。

また足の筋肉は男性っぽさが目立ってしまう部分でもあります。

歩き方や下半身の頼りなさ、毛の処理に慣れないうちはパンツスタイルをお薦めします。

②パンツ丈

男性っぽく装う場合のパンツ丈は、長すぎず、かつ靴下が見えない短すぎない丈にしましょう。

女性っぽく装う場合のパンツ丈は、フレアタイプにして靴(パンプス)を履いて床より1~2㎝上の丈。
足首が細い貴方であれば、3つの首を見せる(首・手首・足首)の女性ファッションの哲学に従ってアンクル丈という足首が見える短い丈にしてもいいでしょう。

 

最後に

さて、ここまで男っぽく装うスーツ/女っぽく装うスーツについて3つの視点からの工夫をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

先日、トランスジェンダー(MTF)の方からのお問合せをいただくことがありました。

調べてみると、お悩み解決サイトなどにトランスジェンダーの方々が悩みを投稿する例はありましたが、それに的確にこたえたサイトや書籍が見当たらなかったので、今回思い切って記事にしました。

私のような若輩者(かつトランスジェンダーではない)がこの題材に関わっていいのか、大きなお世話と批判を受けかねないという不安もありました。

そのものになりたい方に『~っぽく』という表現で失礼にあたらないか、『~っぽくなる』『~っぽく着る』『~っぽく装う』どの表現が読み手の方にとってしっくりくる感覚なのかなど、何が正解か都度考えこみながらの執筆でした。

いずれかが失礼に当たりましたら誠に申し訳ありません。

認識に違いがございましたら、こちらの問合せ画面よりどうぞ遠慮なくご指摘ください。

もちろん皆一様の体型ではないので、今回のメソッドに頷けないトランスジェンダーの方もいらっしゃるでしょう。

着丈は短くするよりも長くして隠したい、美意識として肩幅が広いスーツは着たくないが男っぽさを前面に出したいなど。

その場合は近くのスーツ専門店のスタッフか、私、オーダースーツM&Mの世菜に相談してみてください。
貴方の服の悩みを解決する為に私達がいます。

これからもお客様の人生に寄り添う服屋でありたい。

オーダースーツM&Mの世菜アルトンでした。

2021年12月6日
オーダースーツM&M